バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

隠れ家

ぱーこたんは名前を呼んでもほとんど『お返事』はしてくれません。
代わりにトコトコ走り寄ってきますが、
『その気』が無い時は完全無視で何処かに雲隠れして出で来ません008.gif


たまに外に出ちゃったのかと焦ることになりますが、
今日は違います006.gif

怪しのは…ココ。

a0045697_2232178.jpg


ぱーこたーん!

a0045697_225822.jpg


居ましたよ
呼んだら出てきてくれないと心配するでしょ!

a0045697_2262386.jpg

パール『てへ』


こら!反省しろ!

a0045697_229757.jpg


パール『知らないニャッ』

a0045697_22123428.jpg


今日はここでお昼寝みたい。



乗馬は全身運動

↓ここから先は興味のある方だけどうぞ。

a0045697_205626100.jpg


(写真はプーちゃんです)


日曜日はいつものように乗馬に行ってました。
長年乗って居ても技術のダメダメな私。
昨日の馬は10月以来の配馬で久しぶりのゲオルグ氏で乗りやすかった。
何より馬が真面目で素晴らしい053.gif

先週配馬されたセルオ氏は・・・・言いたくないが怠け者タイプの馬。
隙あらば立ち止まり、ラチの隙間から外へ逃げようとします。
叱ると尻っ跳ね。
鞭で打たれたくないなら、常歩でも良いから前進すれば良い物を
あの手この手でサボろうとするのですが、
その「サボリの技術」に時間と体力を費やす元気があるなら
普通に前進する方がずっと楽なのに・・・と、
乗り手は思うのですが、そこはやっぱり動物なんですよね・・(苦笑)

一番良いのは乗り手のねこぢいが「なめられない」ことですが、
それができれば苦労は無い。

馬に軽んじられている事以外でも、
セルオ氏はとてつもなくバウンシーで反動の大きな馬である為、
私が元気できっちり速歩していられるのはせいぜい10分ぐらい。
とても1レッスン45分、体力が持ちませんでした。
(しかも、先週はもう真夏か!って気温でしたし)

しかし、昨日ゲオルグ氏(馬)に乗った後思いました。
1レッスン後の消費カロリーは乗りやすいゲオルグ氏(馬)より
てこずるセルオ氏(馬)の方がはるかに高いかもしれない。
しかも、バウンシーな分、
反動をまともにうけて乗る速歩&駈歩をできるだけやれば
全身運動効果も高いハズ・・・

と、なんとなくポジティブに考える事にしよう。
セルオ氏(馬)が現れるまでは
シュトちゃんという馬が反動大きい上に
歩幅が小さくて部班運動でついていくのが苦手と思ってましたが
4月に久しぶりに配馬されて乗ったら「そんなに辛くなかった」ので
人も馬も「成長」が大事なのだね。結局。


乗馬クラブは遠い上に、経済的なこともあって
私は週に1回、日曜日、自由選定(配馬)でしか馬に乗れないのですが、
5月は風邪ひいたりなど諸々の事由で2回しか乗ってませんでした。

するとですね。
冷え症のねこぢいは5月の3週目ぐらいから
どんどん体の代謝が悪くなって行くのをヒシヒシ感じてました(×_×)
肩凝りがひどくなりますし、とにかくいつも「寒い」。

そして、今週と先週続けて馬に乗った途端に、
月曜日の今日、手先足先がぽかぽかしてるのを実感。

やっぱり乗馬は「全身運動」です。
たぶん30分歩くより、30分馬に乗る方が運動効果が高いと思う。

乗馬のお知り合いの方々と話していると時々乗馬経験の無い人に
「馬が走ってるのに何故乗ってるだけの人間が疲れるの?と言われる」という話を聞きます。
そういう人は是非馬に乗ってみて欲しい。
乗ってみればわかりますよ026.gif
[PR]
by nekog3 | 2013-06-03 20:51 | ねこ+雑記