バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

猫トイレ

お出かけ前の一コマ
a0045697_23534017.jpg

『どこ行くんだよぅ』
そんな顔しないでよ。でかけにくいじゃないの・・。

毎週日曜日は猫トイレの砂入れ替えの日。
テレビでやっている『一週間取り替えいらず』の砂なんて
猫ぢいにとっては「当たり前じゃんそんなの!」って気分だ。
手間と経済的な事を考えてると、猫砂は2週間もたせたいところだ。
(何頭飼っているかによるけどね・・・)
トラ子姐さんだけの時は冬場は1ヶ月大丈夫な時もあったのに、
パールが来てからは、毎週交換(ーー;)
来たばかりのころに比べたら随分楽になってきたけど、
まだまだ子猫らしく、排泄のサイクルが活発みたい。
猫飼いの永遠の悩み、『猫砂』は、おから猫砂を使用している。
ほこりが出ないことと、そこそこの固まり具合と、
燃えるゴミとして処理できることがありがたい。(うんPは人間のトイレに流してます)
本当は、木製チップで全然臭いが出ないタイプのがあったけど、
これは当の猫が嫌がって、使用を断念。
おから猫砂は、臭い・・うーん、まあまあかな。
おから特有の臭いがダメな人は無理かも。

我が家には、外出する猫と室内猫が居るため、室内猫と外猫が接触できないよう、
ねこぢい(13帖)とねこぢい母の部屋(6帖)の2部屋を猫ルームにあてています。
トラ子姐さんとパールは、家の中でもこの2部屋だけで過ごしており、
猫のトイレは、実はねこぢいの部屋の中にあるのだ。
普通に寝ている時に、うんPされるとワイルドな匂いが部屋中に・・・(T T)
しかし、一応猫トイレのある場所は、家のリフォーム時に工務店に頼んで
特別にあつらえたもの。それは↓コレ。
a0045697_23551475.jpg

洗面台を設けて、その下に猫トイレ設置。専用のミニ換気扇もアリ。
来客がある時や、隠したい時は↓この通り。
a0045697_23564120.jpg

ドアを閉めてしまえば、臭いもあまりもれません。
洗面台があるので、うんP処理後すぐ手も洗えるし、飲み水もこまめにとりかえられる。
これは大変な出費でしたが、おおいに役立っているので有意義だったとも言える。

臭いを断つ工夫はもう一つ。
大判のペットシーツ(我が家では新聞サイズのタイプ)をガムテープで貼り合わせてねこトイレの底に敷いてガムテープで固定後、その上に猫砂を入れます。
おしっこのほとんどはペットシーツに吸い込まれるので、
猫砂の消費も少なめで、砂をたくさんいれなくても、大丈夫。
ただし、猫砂をあらっぽく掘り返す猫ちゃんは、ペットシーツを破いてしまうのが難点。
今の所、こんな感じで猫の大小の臭いを防止しているのでした。
[PR]
by nekog3 | 2005-10-23 23:51 | ねこ