バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

まったりぱーこ

a0045697_22475599.jpg

今日は昨日パソコンから更新できなかったので
全面的に猫以外の話題です。
ゴメンなさい。
ぱーこたんのまったり画像だけお楽しみください…。




2週間ぶりの騎乗でした。
いつものように、馬場と障害のレッスンを1鞍ずつ。
馬場は2週間前に乗ったのと同じ歩幅の広いEさん。
障害は私を尾骨骨折させた栗毛のPさん(でも、とっても好きな仔なの)

Eさんは2度目の騎乗だから慣れてきたわ♪って思ってたら
レッスン中に2回突如立ち止まられた。
3頭部班の先頭で輪乗りの最中に急に機嫌が悪くなり
後続の馬にキックを入れそうになったのだが
気が強い仔だから後続の馬が視界に入って気に入らなかったのかもしれない。
いつもつきはなした感じのO指導員が珍しく
『蹄跡に出しましょう』と馬を押さえに来てくれた。
不穏な空気を感じたのかな?(笑)
2度目のわがままでは後続の馬が離れていたため
なんとか自分で誘導して切り抜けられた。
ビギナーに近い初級の方と一緒のレッスンだったので
本日は軽速足までで、誘導も輪乗りと巻き乗りで終了した。
もう、何鞍もちょっぴり辛口のO指導員の馬場レッスンに出ているが、
初めて『ちょっとは姿勢が良くなった』と褒めてもらえた。
しかし、昨日は部班の先頭だったから馬間距離は気にせず
自分の姿勢のみに集中していたからであって、
部班の2番目以降になると崩れてしまうに違いない…(-"-;)
次回のレッスンこそ勝負かも。

障害のU指導員は若いがやさしくて人当たりの良い先生で
とっても癒される感じだ(笑)
昨日はお天気もよく、
野鳥のさえずりなどもどこからともなく聞こえてきて
清清しいき気分でPさんに騎乗した。
ぽてぽてと速足でクロスバーをまたぐかわいいレッスンなので
落馬の心配もほぼ無いため、どこまでもまったりして終了。
最後に1回だけ駈歩で障害を飛ばせてくれと頼んでみようかと
一瞬心をよぎったが、となりの馬場で横蹴りの得意なOという馬が
何度もキックを出していたのでやめておいた(~ヘ~;)

昨日は本当に気持ちよくレッスンを終えたのだけど、
大幅に改変された5月のレッスン表を見て愕然としてしまった。
4月に少しプログラムが変わったばかりだというのにもう?という事もあるし
何しろ今までとは全く違うシステムとプログラムなのだ。
少しでも上手になりたいと辛口O指導員の馬場に出ていたのに
それが無くなって、しかも癒し系U指導員の障害も無くなってしまう。
Wでショックだ( iдi )
出たいと思うレッスン皆無。
しかも、1レッスンに対する定員が5名と定められており
いつも9頭ぐらいでやってるレッスンなどは一体どうなるのだ?
絶対にあぶれる人がいるということではないか?
クラブからのお知らせが届いたらじっくり考えてみなければならない。
[PR]
by nekog3 | 2007-04-16 22:52 | 雑記