バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

手饅頭

ぱーこたんの魅力の大きな部分を占めるぽふぽふ手饅頭です(≧∇≦)
隙あらば、いつもこの手饅頭の手触りを確認してしまいます。
a0045697_23222155.jpg

どんな手触りかって?
ウフフ。
それはね、ふわふわ・スベスベ・ツヤツヤで、ちょっとクサイ!
そんなかわいくて、イタズラっ子なあんよなのです(´∀`)




雨の日曜日。
泊りに来ていた親戚と母&妹を、クラブの近くにある観光地へ車で送って行き、そのままねこぢいだけ乗馬クラブへ向かいました。
観光なんて無駄な時間はオイラには無ぇ!!ってな具合ですよ。
雨降りで、冬に逆戻りな寒さでしたが、そんなのも関係無ぇ!

11時にはクラブに着いていました。
12時ぐらいからプーちゃんに乗った後、
忙しく馬装を変更して初級障害のレッスンへ。

相棒は最近やたら配馬されるNさん。
担当指導員は厩務長のA指導員体調不良のピンチヒッターでY指導員。
馬場は重馬場。
参加者はねこぢいを入れても3名・・天候不良の日ほど少人数レッスンのチャンスだね。
でもぬかるんだ馬場はやはりいただけない。
田んぼの中を走り回ってる感じで、馬も足をとられて頻繁にズッコケてました。
なんとなく「人馬転」というコトバが脳裏をよぎり、おっかないよ(><;)

そんな気持が働いてか、あまり馬を元気良く動かせず、
「スピード遅い」って注意されまくりでした。
いつも手綱が長いと注意されるので、短く持ってたら今日は「短か過ぎるよ」って言われてしまった。
加減を知らないねこぢいでした。
前半は速足で、後半は駈足でクロスバーを跳んでいましたが、
「良くなった」ってやっと指導員から『了』をもらえたのは
最後の2・3回ぐらいでした。
でも自分的には回数乗ってるだけあって、Nさんとだいぶ折り合いついてきたように感じます。
脚も丁寧に使うように心がけて、昨日は1回も跳ねられなかったので
もうそれだけでもOKです。
いや、そんなんで満足してちゃダメかな?( ̄ω ̄;)


夕方の中級馬場はいつもの辛口O指導員。
相棒はうちのクラブでは高額専用馬のAさん。
どうしたんでしょう、2月は新馬的な仔ばかりだったのに、
今月は3週連続で当クラブ人気ベテラン馬ばかりです。
何か運を使い果たしているような・・?
ふ、深く考えてはダメだ。
良い馬だから、素直に喜ぼう、アタシ (^o^;)

ねこぢい入れて2頭部班。
やはり少人数レッスン。
ここ最近のこの枠のレッスンは「超ゆっくり速足・駈足」です。
その為の、この配馬なのかもしれません。
「止まりそうで止まらないスピード」
「ゆっくりだけど、馬が動いていないという訳ではない」
という状態を作り出すのが出来そうで出来ない。
ねこぢいがゆっくりにしようすると馬がすぐに並足になってしまいます。
指導員さんは「出しなおせばよい」とは言ってくれるものの、
馬に「スピード落とすけど、止まるんじゃ無いんだよ」って
理解してもらわなきゃならない。

速足だけはどうにかAさんに理解してもらえたみたいで
レッスン後半は「スローぺース」を維持することができるようになりましたが、
駈足はまるでダメ(ー。ー;
ねこぢい自身がゆっくりな駈足のリズムが理解できずに
「今駈足できてます?」って指導員に聞く始末(-_-)
指導員も思わず苦笑です。
結局スピードゆっくりを要求すると
Aさんは「速足でいいんじゃない?」って完全に思い違いしてたと思います。
意志の疎通ならずですよ。

あと、今日は頻繁に「前肢回転」の号令がかかってました。
久しぶりだったので、慌てたよ。
Aさんだったから、なんとか出来てたけど、
他の馬だったら怪しいな。
失敗して「その場巻き乗り」になってしまうに違いない。


悪天候ではあったけど、乗ってるときはそれなりに小雨でラッキーでした。
あれ?やっぱり「運」使い果たしてるかな?
[PR]
by nekog3 | 2008-03-31 23:27 | ねこ+雑記