バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

猫トイレ

お出かけ前の一コマ
a0045697_23534017.jpg

『どこ行くんだよぅ』
そんな顔しないでよ。でかけにくいじゃないの・・。

毎週日曜日は猫トイレの砂入れ替えの日。
テレビでやっている『一週間取り替えいらず』の砂なんて
猫ぢいにとっては「当たり前じゃんそんなの!」って気分だ。
手間と経済的な事を考えてると、猫砂は2週間もたせたいところだ。
(何頭飼っているかによるけどね・・・)
トラ子姐さんだけの時は冬場は1ヶ月大丈夫な時もあったのに、
パールが来てからは、毎週交換(ーー;)
来たばかりのころに比べたら随分楽になってきたけど、
まだまだ子猫らしく、排泄のサイクルが活発みたい。
猫飼いの永遠の悩み、『猫砂』は、おから猫砂を使用している。
ほこりが出ないことと、そこそこの固まり具合と、
燃えるゴミとして処理できることがありがたい。(うんPは人間のトイレに流してます)
本当は、木製チップで全然臭いが出ないタイプのがあったけど、
これは当の猫が嫌がって、使用を断念。
おから猫砂は、臭い・・うーん、まあまあかな。
おから特有の臭いがダメな人は無理かも。

我が家には、外出する猫と室内猫が居るため、室内猫と外猫が接触できないよう、
ねこぢい(13帖)とねこぢい母の部屋(6帖)の2部屋を猫ルームにあてています。
トラ子姐さんとパールは、家の中でもこの2部屋だけで過ごしており、
猫のトイレは、実はねこぢいの部屋の中にあるのだ。
普通に寝ている時に、うんPされるとワイルドな匂いが部屋中に・・・(T T)
しかし、一応猫トイレのある場所は、家のリフォーム時に工務店に頼んで
特別にあつらえたもの。それは↓コレ。
a0045697_23551475.jpg

洗面台を設けて、その下に猫トイレ設置。専用のミニ換気扇もアリ。
来客がある時や、隠したい時は↓この通り。
a0045697_23564120.jpg

ドアを閉めてしまえば、臭いもあまりもれません。
洗面台があるので、うんP処理後すぐ手も洗えるし、飲み水もこまめにとりかえられる。
これは大変な出費でしたが、おおいに役立っているので有意義だったとも言える。

臭いを断つ工夫はもう一つ。
大判のペットシーツ(我が家では新聞サイズのタイプ)をガムテープで貼り合わせてねこトイレの底に敷いてガムテープで固定後、その上に猫砂を入れます。
おしっこのほとんどはペットシーツに吸い込まれるので、
猫砂の消費も少なめで、砂をたくさんいれなくても、大丈夫。
ただし、猫砂をあらっぽく掘り返す猫ちゃんは、ペットシーツを破いてしまうのが難点。
今の所、こんな感じで猫の大小の臭いを防止しているのでした。
[PR]
# by nekog3 | 2005-10-23 23:51 | ねこ | Comments(0)

猫飼いの楽しみ

今週は毎夜残業が深夜におよび、タイムカードのワースト記録は午前3時(ToT)
これから年末に向かってこんな日がやたら続く。
にゃんこたちとのスキンシップの時間は減るばかりだなぁ・・・。

金曜の夜も午前2時に帰宅後、爆睡。
本日目覚めたのは、お昼の11時。
『う、動けない・・』
何故か寝返りがうてない。
左の顔のよこにぱーるんが丸くなっている(´▽`)
顔を横に向けると、バーマン特有のシルキーな毛触りのふわふわが!
ちょっと、変態みたいだが、顔を左右に振ってふわふわを愉しむ。
猫飼いにとって、秋冬のこの猫毛のふわふわ感は至福なのです。
右の手をのばすと、仰向けに寝ている私の腰の横のふとんの上に、
トラ子姐さんがまるくなっている。
なるほど、体に対して対角線上に猫がくさびのようにのっかっているので
寝返りがうてなくなっていたようだ。
『小人の国に流れ着いたガリバーみたいだな』と思ったが、
この猫に囲まれて寝るっていうのも、猫飼いの楽しみだ。
しかし、幸せは長くは続かない。
さすがに、寝返りのうてない状態には堪えられない。
老化の進む三十路の体にはこたえる。

午後からパールをシャンプーする予定だったが・・
疲れ過ぎてて何もできん。持ち帰りの仕事もあったのに・・。
ごめんね。ぱーるたん。
a0045697_0325340.jpg

『いいもん。シャンプー嫌いだモン。』
なんか毛、ぼさぼさよ。いいの?
a0045697_0424412.jpg

『いいってば、いいのにゃ』
わがまま娘め。
[PR]
# by nekog3 | 2005-10-22 23:59 | パール+トラ子 | Comments(0)

パールとの距離

本日は、午後10時過ぎに帰宅。
これでも、ねこぢいにとっては早い方で、
いつも帰宅は深夜をまわることが多い。
当然、猫と過ごす時間は短くなる。

我が家には、パールよりも先輩猫で、
今年11歳にトラ子。 ?歳のトラッキーの2匹がおります。

トラ子の主人は、母。 トラッキーの主人は、妹。

我が家では人間一人に対して、担当する猫が一匹ということになっているのです。
実際に、トラ子は母にしかなついていないし、
トラッキーも妹にしかなついていない。
トラ子は小さい時から、母と私がミルクをあげて育てたので、
母が不在の時は一応“仕方なく”私のところに寄って来るぐらいのなつき具合。
トラッキーに至っては、自分になにか要求がある時だけ寄って来る。
普段は声を掛けても、妹以外の人はシカトだ。

2年前までは、ねこぢいにもねこぢいの猫がいたが・・
虹の橋へと旅立ってしまった。
愛するペットを失った悲しみはなかなか癒えないものだ。
今でも、彼(いちおう男の子だったので)のことを思い出すと泣きそうになる。
仕事が忙しいことや、
トラ子が高齢なこともありすぐに次の猫を飼うことはできないと思っていた。
しかし、偶然と運命に導かれ、バーマンなどという
私が住む田舎町ではちょっとお目にかかれない珍しい猫を飼うことになってしまった。
ついに、ねこぢいにもねこぢいの猫が新しくやってきたのだ。

・・しかし、冒頭部分でふれたように、ねこぢいが猫と過ごす時間はごく短い。
必然的に、猫としては一番長くいっしょにいる人になつくものだ。
生後4ヶ月頃のパールの好きな人(?)は・・・

(1)トラ子  (2)母  (3)ねこぢい

というランキングになってしまった(ToT)
悲しみを噛み締めつつ、『しかし、これもまた仕方の無いこと』と思っていた。
ところが!ところがである!!
生後7ヶ月になった最近では、

(1)トラ子  (2)ねこぢい  (3)母

という、順位になっているようで、(1)と(2)の間も結構近いのだ。
この分だと逆転も可能な感じ。
何故だか不思議なのだけど、たしかに御飯をあげたり、トイレを掃除したり、
グルーミングしたり・・・という世話の大半はねこぢいがやっている。
母は、ねこぢいが帰宅するまでただいっしょに部屋で過ごしいるだけのようで、
世話を焼いたりはしないのだ。
だからなのか何なのか理由は不明だが、
とりあえず、この頃は夜ねこぢいのすぐ隣の円座で寝ているし、
ねこぢいが部屋に居る時は必ずそばに寄って来るし、
あと、撫でてやるとのどゴロゴロ鳴らすのはねこぢい限定のようなのだ。
やったね!下僕として、パール姫の世話を焼いてきた事が報われたようだ。
そして、今日も姫はというと・・・・
a0045697_2411892.jpg

『苦しゅうないのにゃ』
・・・・お健やかでいらっしゃる。
[PR]
# by nekog3 | 2005-10-17 23:59 | パール | Comments(0)

はじめてみることに・・

バーマンを飼いはじめた時にブログをはじめてみようかどうしようか・・
迷いに迷って数カ月・・
仕事が忙しいこともあって、本当に管理していけるかどうかとても不安なのですが、
とりあえず、なんでもやってみなきゃわからない。

3月12日生まれのバーマン。
ライラックポイントの女の子、パールが我が家にやってきたのは
5月22日のこと。
パールが生後3ヶ月になる少し前です。
新幹線に乗って、遠くの町までお迎えに行きました。
a0045697_2372811.jpg

初対面ですぐにおひざに乗ってきて、『遊ぼうよ〜』っておねだり。
ブリーダーさんに
『抱っこ嫌いなのに〜、自分から行くなんて初めてよ!』って言われ、
運命の出会いを果たしたと思いました。

時は流れ、パールももうすぐ生後7ヶ月です。
すっかり大人の猫ぶりな今日この頃。

パールの他にも我が家にはミックスの猫がもう2匹います。
そんな猫達の紹介やバーマンを飼うことになったいきさつなど
またそのうちに。
[PR]
# by nekog3 | 2005-10-16 23:59 | はじめに | Comments(0)