人気ブログランキング |

バーマン猫パールと飼い主ねこぢいの日常


by nekog3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お尻が擦りむけました(ToT)

お尻が擦りむけたのはパールではなく…ねこぢいです(恥)
乗馬クラブから帰宅し、
夜シャワーを浴びようとお湯をだしたら、
「ンギャーッo(><;)o o(;><) o」
おチリがしみる〜〜〜( iдi )
2鞍目のレッスンでも、帰りの車でも気づかなかったので
そんなに大きく、そしてヒドくも無いけど
乗馬でお尻が擦りむけるなんて、いったい何年ぶりか!
今日、余程変な乗り方してたんだろうな(ー。ー;
a0045697_1184487.jpg

パール『未熟者にゃ!』
ごもっとも(>_<)



お昼の調教レッスンの後、4時からの初級障害レッスンに参加。
担当指導員は装蹄師のT指導員。
相棒は、なんとお初のBくん。
今まで何度となく配馬されながら、
レッスンが急に中止になったり、直前に配馬変更になったりで
騎乗するチャンスに恵まれなかったので
今日はどうかな?と直前まで様子を伺っていましたが
無事騎乗することができました。
a0045697_1211044.jpg

Bくんはサラブレッドではなく「中半血」と呼ばれるタイプの馬で
体が小さくて、見た目も金のたてがみをしているイケメン君で
女性に人気があります。
(中身はなかなかのイタズラ小僧ですが…)

初めて騎乗したけど、反応も良いし、なかなかいい感じでした。
クロスバーのシングル障害を速歩で何度か飛んだ後、
クロスバーの障害を2つにして、
T指導員が「駈歩なら障害の間は2歩ね!」と指示。
(障害の間隔は2歩とか3歩とか実はいろいろ制約があるのです)
シングル障害だと問題なかったのですが、
障害が2つになると体の小さいBくんだと他のサラブレッドよりは
少し元気良く(スピード速め)で入らないと「2歩」のタイミングが難しい。
障害を飛べることは飛べるのですが、
馬が飛翔した瞬間のピークの場所が障害の位置とはズレてしまう感じでした。
何度も飛んだけど、
「今ぴったりのタイミングだった!」って思えたのはたったの1回でした。
うーん。難しいな〜。
Bさんはちゃんと指示に忠実に応えてくれているので
騎乗者ねこぢいの問題だな〜。
指導員さんは「良いよ!」って言ってくれたけど、
自分では満足いかない結果のレッスンとなってしまいました。

良い子に走ってくれたBくんには多めにニンジンをあげました(^_^)
by nekog3 | 2007-08-26 23:58 | 雑記